にいざのがくどう過去掲示板2012〜2017
2012年1月〜2017年1月


管理人さまご苦労様でした・・・  投稿者:39きらら  投稿日:2017年 1月17日(火)00時19分23秒

掲示板閉鎖、残念です。管理人さま長ぁ〜い間ご苦労もあったでしょう。ご苦労様でした。
今はビックリで長文の書き込みできませんが,出来ればグダグダの書き込みを28日までに何回か試みたいと思います。
昨年6月二代目の愛犬ラブ、ジャ◯◯◯が我が家にやってきて、これがキララ以上の暴れん坊の女の子。家中ドタバタ大騒ぎ。その他にも色々あって、ここんとこしばらく覗かなかった私が悪かったのか・・・


「にいざのがくどう」掲示板の閉鎖について   投稿者:掲示板管理人  投稿日:2017年 1月16日(月)20時21分19秒


「にいざのがくどう」掲示板について、今月(1月)28日をもって閉鎖させていただくことになりました。
長い間ホームページをご覧いただき、時々この掲示板に書き込みいただいた皆さん、ありがとうございました。(とくに開設当初から応援いただき、支えていただいた「39きらら」さん、本当にありがとうございました!)

ここ数年は書き込みも数えるほどで、掲示板の役目は終了したものと思います。
いままでの書き込んでいただいたものは、ホームページ内に資料として保存するようにいたします。

ありがとうございました。


ホームページのURLが変わります。  投稿者:すぎた@みつばちOB  投稿日:2016年 5月15日(日)16時54分9秒


プロバイダーの都合で、サーバーが移転します。
これに伴って「にいざのがくどう」のホームページのURLが変更になります。

総会(5/21)が終わりましたら、現在のURLから新しいURLに自動的にジャンプするように設定を変更します。

新しいホームページと言っても、URL以外はまったく同じものになっていますので、新鮮味がない点はご了承ください。

更新が滞りがちで申し訳ありませんが、引き続きHP「にいざのがくどう」をよろしくお願いいたします。

念のため新しいホームページのURLは以下のとおりです。
(ちょっと短くなりましたね・・・)
http://niiza-gakudo.a.la9.jp/


十文字女子大学「学童保育関係公開講座」のご案内   投稿者:すぎた@みつばちOB  投稿日:2016年 2月 2日(火)20時28分14秒

埼玉県連協より以下のお知らせが入りましたので、ご案内します。

十文字学園女子大学で学童保育関係の公開講座が開催されます。
入場無料で特に学童保育関係者に公開されています。

案内のチラシ(申込書付)はホームページにPDFファイルで掲載しています。
メールでの申込みも可とのことです。
以下は県連協からのお知らせメールです。
---------------------------------------------------

[2016/2/2]

新座市にある十文字学園女子大学の公開講座で、学童保育が取り上げられます。
■日時:2月20日(土)13〜15時
■会場:十文字学園女子大学 9号館(4F) 9417教室

基調講演として厚労省・竹中氏、「話題提供」ということで新座市の担当課が来られます。
コーディネーターは、いつも研修でお世話になっている布施晴美先生です。

参加費は無料、どなたでも参加できますが事前申込みが必要のようです。
詳細は添付ファイルをご覧ください。

************************************
☆埼玉県学童保育連絡協議会 事務局☆
************************************


運動会の写真をアップしました!   投稿者:すぎた@みつばちOB  投稿日:2015年11月17日(火)20時48分9秒


遅くなってしまいましたが、10月18日(日)に行われた親子運動会の写真をホームページにアップしました。

いただいた写真をもとに編集していますが、間違いや不都合な写真などありましたら、ご連絡ください。

運動会、バザー、全国研・・・
そして12月6日は東上沿線学童保育のつどいが新座市で開催されます。
忙しく秋が過ぎていきますね〜


いつも杉田さんにお任せしっぱなしですみません   投稿者:事務局長 垣見  投稿日:2015年10月23日(金)02時41分58秒


垣見です。私のこどもも学童を終えて、一番下が中学生。それでももう少し新座の学童とかかわっていこうと考えていますが、新鮮なパワーも求めていきたいところです。
この「にいざのがくどう」HPは、いまだに全国で高い評価を得ていて、新座の誇りですが、それもこれもすぎたさんのおかげです。載せていただく資料も、これからはちゃんと届けるようにしますのでこれからもよろしくお願いします。
今、新座市の行財政改革推進本部では「サービス水準の見直し」を検討していて、その中に放課後児童保育室使用料の値上げも項目として入っています。12月議会までに市とやり取りしていく予定です。いろいろアドバイスしてください。


それでも更新続けるHPってすごいです・・・   投稿者:39きらら  投稿日:2015年 9月22日(火)03時23分47秒 編集済


投稿の記入欄が小さくて,だらだら長文の老眼にきついな〜ッと思っていたのですが,投稿前に空欄のまま確認ボタンを押すと大きな内容入録画面が出てくる事を今発見!!これで文章こねくり回すのが少し楽に・・・また少しづつ投稿が増えるまでしばらく管理人さんと交換日記しましょうか?

毎回の運営委員会ニュース、いま「にいざのがくどう」に何が起きて、何にみんなが怒って、改善のための皆さんの動きが見え、OBにも良ぉく分かります。大規模化に追いつかない施設の分割・増設、輪をかける夏休みのみの入室数の増加,常勤指導員の配置不足の恒常化、なのに配置定員の削減の話し。特に夏休みの問題は8月の運営委員会ニュースで「指導員が不足していながら夏休み入室を受け入れている事が不思議」との感想・・・

「退室をを余儀なくされた5・6年生をなんとかして欲しい」ときっかけを作った張本人として当時の目的と違って、低学年の利用が増えてる現状に「こんなはずじゃなかった」と心痛めてます。
唯一保育の会が休止中のうちの子の母校栄小のさくらんぼう。一教室の広さに事務机も置かれた板の間と一段上がった20帖にも満たなかった?畳のスペース。今もあのままなのかな?そこに常時入室が30人+夏休みに11人・・・なんとかやりくりしているんだろうけど、そこにこどもたちのほっとできる居場所はあるの?

「定員はもうけるけど増えても切る事はない」「施設はすこしづつでも改善して行く」昔々、福祉部児童福祉課はいってたと思うんだけど。「対象学年4年生までの撤廃」と、「児童数に合わせた施設の増設」がかなうことをを無責任に抜けてったOBはとーっくから願っています。

「にいざのがくどう」の45周年があと二年?50周年になるとあと七年・・・そこまで元気でいられるかわかんないけど、「どっかでみんなで昔話しにあつまろうよ」とだれか(管理人さん?)がブツブツ言い出してくれないかなぁ?
あっ、その前にだみ声のM指導員の卒業式とかあったりする?・・・もう終わっちゃった?


39きららさん、お久しぶりです!   投稿者:すぎた@みつばちOB  投稿日:2015年 9月 8日(火)20時49分3秒


きららのとおちゃん改め、39きららさん、超久しぶりのご投稿ありがとうございます。

まずは、16年と2か月、家族の一員として過ごしてきたキララのご冥福をお祈りします。
でも、キララよくがんばりましたね・・・。

最近は掲示板も書き手が少なく、閑古鳥が鳴いている状態です。
もう、掲示板の時代ではないのかもしれませんね。

私自身も「学童パワー」がすっかりなくなってしまい、カコさんはじめ皆さんにご迷惑をおかけしているしだいです。

が、できることだけでも「がんばりすぎない範囲で、ダラダラと」やっていければと思ってもいます。


嬉しかった事、悲しかった事   投稿者:きららのとおちゃん改め、39きらら  投稿日:2015年 9月 8日(火)02時13分42秒


にいざのがくどうのみなさま、息の長い粘っこい活動を続ける事の大変さ・大切さ!いつもかげながら応援しています。特に管理人さま、ご苦労様です!!

今日、市民会館で1歳半検診に来ていたすずちゃん親子にばったり会いました。目が合ったとたん「わぁ〜っ」と思いっきり手を振っちゃいました。仕事中だったのでちょこっとしか話しが出来ませんですたが、相変わらず貫禄たっぷり元気そうで・・・この2週間、家中が落ち込んでいた時だったのでとっても嬉しかったです。

その悲しかったこと、8/25(火)最後まで茶目っ気たっぷりだった愛犬キララが星になりました。(むかしの掲示板のパクリです・・・)16歳と2ヶ月でした。
少し前から足に力が入らなくなっていたのですが、お盆休み恒例保育園仲間とのキャンプの間、預かってもらった動物病院での治療で持ち直し支えなくても歩けるようになりビックリ。4日前には自分からトコトコ階段のほうにむかい、久しぶりに電柱5本においをかいで帰って来たのが最後の散歩でした。
前日までガツガツご飯食べていたのですが、朝になって頭もあげられなくなり、家族に囲まれてすーっと空に昇って行きました。

いつか来る事とは思っていたですが、急だったので・・・だからと言う訳でもありませんが毎日を大事に過ごさなくっちゃと思いつつ、きょうから「39きらら」に改名します。
皆さんもがんばりすぎない範囲で、ダラダラと、でも粘っこくにいざのこどもたちのために・・・これからもよろしくおねがいします。


県連協より「腸管出血性大腸菌、あらためて衛生管理の確認を」   投稿者:すぎた@みつばちOB  投稿日:2015年 8月15日(土)19時26分39秒


埼玉県連協より、「埼玉学童ニュース 05号」が届きました。大事なお知らせですので、転載させていただきます。

------------------------------------------------------------------------

[2015/8/14]

草加市の放課後児童クラブで、腸管出血性大腸菌感染症(O26)による集団感染が発生しました。
(経緯については埼玉新聞と草加市のHPを参照)

【埼玉新聞 ネット版(本日の朝刊に掲載)】
http://www.saitama-np.co.jp/news/2015/08/14/02.html

【草加市のHP】
http://www.city.soka.saitama.jp/cont/s1506/a01/a01/PAGE000000000000043899.html

重篤化する可能性もある、たいへん怖い感染症です。
あらためて、各クラブでじゅうぶんな注意をお願いいたします。

○予防方法(草加市のHPより)
1.トイレの後や食事前、外出後などこまめに手を洗いましょう。
2.おむつ交換など患者の便に触れた場合は手をよく洗い消毒しましょう。
3.動物からも感染することがあります。動物に触れた後は、手をよく洗い、消毒しましょう。
4.食肉などは、よく火を通して食べましょう。
5.まな板や包丁は、使用前後に十分洗浄し、熱湯や漂白剤で消毒しましょう。

○腸管出血性大腸菌による食中毒について(厚労省HPより)
http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/shokuhin/syokuchu/daichoukin.html

************************************
☆埼玉県学童保育連絡協議会 事務局☆
************************************


所沢市連協学習交流会「学童保育の"適正規模・適正配置"(定員制)などを考える」  投稿者:すぎた@みつばちOB  投稿日:2014年 9月26日(金)19時36分45秒


ところざわがくどう連絡協議会より、学習交流会の案内が届きましたので掲載いたします。
---------------------------------------------------------------------------------

新座市学童保育の会御中

前略
ところざわがくどう連絡協議会です。
いつも、お世話になっております。

さて、すでにご存じかとは思いますが、明日9月27日(土)に
ところざわがくどう連絡協議会の主催学習会を行います。
近隣の市民の方をはじめ、どなたでも参加できますので
ご案内申し上げます。

また、今後ともよろしくお願いします。


《以下学習会の詳細》

学童保育の"適正規模・適正配置"(定員制)などを考える、学習会が行われます。
(支援の単位おおむね40人以下・一人当たりの面積1.65u以上、
大規模学童クラブ解消などの問題を論議します)

主催:ところざわがくどう連絡協議会 http://ameblo.jp/tokoren/
日時:2014年9月27日(土)18:00〜20:00
場所:埼玉県所沢市・生涯学習推進センター
   359-0042 埼玉県所沢市並木6丁目4番地の1 Tel 04-2991-0303
   (Access map: http://www.tokorogaku.jp/current/image/accessmap.pdf)
   (※会場敷地には無料駐車場があります)
参加費:無料
アドバイザー:加藤哲夫さん(さいたま市学童保育連絡協議会・事務局次長)

※所沢市民の方はもとより、他市・他県のどなたでも、参加できます。

☆埼玉県学童保育連絡協議会・みけっちクラブ「みけっちTシャツ」の販売も
ございます。

----------------------------------------------------------------
下記「とこれんブログ」に詳しい案内が掲載されています。
http://ameblo.jp/tokoren/


パブコメに以下のような意見を送付しようと思っています。  投稿者:どんぐりカコ  投稿日:2014年 7月14日(月)05時18分2秒


 今日までの新座市の基準案のパブリックコメントに、個人の意見を以下のように送付しようと思っています。
 以下意見


[基本的な姿勢について]

 現在の新座市放課後児童保育室条例は、これまで40年あまりの新座の学童保育の歴史の中で取り組まれてきた成果でもあります。これは、不足がありながらも、県内、国内にむけて自慢できる部分もある、これまでの市の取り組みの到達点でもあるはずです。
 今回の国の省令は、まだまだ学童保育自体が成立していない地域にも設置を促すような配慮を含めた基準ですから、新座市の放課後児童保育室の水準を下回る部分があります。埼玉県の運営基準や、平成19年の国の「放課後児童クラブガイドライン」とくらべても下回っている部分が多くあります。また、これまで新座で触れていなかった点に改めて言及されていることで、これまでより低い水準でも良しとするような判断が付けくわえられている部分もあります。
 新座市の基準を考える上で、これまで取り組まれてきたことが十分に顧みられ、取り入れられなければ、これまでの新座市の施策を傷つけるものになってしまうのではないでしょうか。

 そこで、基本的な姿勢として、
 @現在の新座市の条例・規則に規定されている水準より、国の基準が低い場合は、「国の基準のとおりとはしない」こと
 A新座市の条例や規則に規定されていない部分で、新たに付けくわえることによりこれまでより低い水準でも許される解釈が生じる部分は、「国の基準をとらない」こと
 を、新座市の基準を定める態度として持っていただきたいと思います。


[基準案について]

○省令第1条に、「設備運営基準は、市町村長(特別区の区長を含む。以下同じ。)の監督に属する放課後児童健全育成事業を利用している児童(以下「利用者」という。)が、明るくて、衛生的な環境において、素養があり、かつ、適切な訓練を受けた職員の支援により、心身ともに健やかに育成されることを保障するものとする。」と、この基準を規定する重要な文言が含まれています。新座市の基準の目的として、条文に掲げてください。

○省令第3条第2項では「市町村は、最低基準を常に向上させるように努めるものとする。」との表現になっていますが、新座市の条例として基準を定めるにあたっての文言は、「最低基準にこだわらず、常に向上させるように努める」というように、新座市としての意志が表されるものにしてください。
 また、最低基準の向上のために、「保護者組織の支援と連携を強め、必要な意見交換・協議が迅速に持てるようにする」ことを付け加えてください。

○一般原則が省令第5条に掲げられていますが、
 学童保育での生活が集団生活である意味を重視し、「集団生活の中で人間関係を深めながら自分の居場所を作る、という経験をすることで、やがて社会の一翼を担っていく市民としての意識を培う」というような考え方を加えてください。(省令第10条で言われている「支援の単位」という考え方は、学童保育でのこどもたちの生活が、「集団として営まれるもの」であることを前提としています。)
 また、そのために「児童の在籍は一年を通して毎日、継続的なものであり、保育はそのような前提でおこなわれるべき」旨を加えてください。

 また、基準案に引かれている省令第5条は、実際の省令第5条「放課後児童健全育成事業における支援は、小学校に就学している児童であって、その保護者が労働等により昼間家庭にいないものにつき、家庭、地域等との連携の下、発達段階に応じた主体的な遊びや生活が可能となるよう、当該児童の自主性、社会性及び創造性の向上、基本的な生活習慣の確立等を図り、もって当該児童の健全な育成を図ることを目的として行われなければならない。」の条文と違っています。
 省令の基準が省略されて論議されては基準そのものが国基準を下回ってしまいますので、とくにこの部分は省略せずに取り入れてください。

○第9条第2項、第10条第4項に関しては、独自基準として「経過措置を設ける」とされています。この独自基準の内容が、どのように努め、どのような現状の条件により、どの程度妥当な経過期間であるか、ということが語られなければ、単に「経過期間中は基準を満たさなくてもよい」規定と成り果てます。
 少なくとも、経過措置期間が終わった際に、どのような改善がなされているか、具体的に計画で明らかにされることと同時におこなってください。この点については事業計画の領域かとも思いますが、基準でも、これが単なる時間稼ぎではなく、あくまで改善の道筋を示したものだ、という表現にしてください。

○省令第10条第2項は、
「放課後児童支援員の数は、支援の単位ごとに2人以上とする。ただし、その1人を除き、補助員(放課後児童支援員が行う支援について放課後児童支援員を補助する者をいう。第5項において同じ。)をもってこれに代えることができる。」
とあります。
 ここでは、指導員(放課後児童支援員と名指されているもの)の中に、責任の軽い立場のものがいても構わないような誤解が生じます。この条文は、学童保育が未発達な地域でも使用できるように配慮されたものであり、新座の現状よりも後退している表現になっています。
 この部分は国の基準のとおりとせず、新座の現状より下がらない基準にしてください。

○第18条では、
「放課後児童健全育成事業者は、放課後児童健全育成事業所を開所する時間について、次の各号に掲げる区分に応じ、それぞれ当該各号に定める時間以上を原則とし、その地方における児童の保護者の労働時間、小学校の授業の終了の時刻その他の状況等を考慮して、当該事業所ごとに開所する時間を定める。
1 小学校の授業の休業日に行う放課後児童健全育成事業1日につき8時間
2 小学校の授業の休業日以外の日に行う放課後児童健全育成事業1日につき3時間」
とあります。
 ここでは、現状の新座市の保育時間が3時間を超えるのに対し、それを「3時間でよい」とする解釈が生じることを許すのみならず、「保育室の活動する時間(指導員の勤務する時間)が3時間でよい」という解釈をも許しかねない文言になっています。
 ここは新座市の水準を低くすることにつながるおそれがありますので含めないでください。

○第19条で、「(保護者との連絡)」として、
「放課後児童健全育成事業者は、常に利用者の保護者と密接な連絡をとり、当該利用者の健康及び行動を説明するとともに、支援の内容等につき、その保護者の理解及び協力を得るよう努めなければならない。」
とあります。
 この点、国の「放課後児童クラブガイドライン」には「7 保護者への支援・連携」として
「保護者会等の活動についても積極的に支援、連携し、放課後児童クラブの運営を保護者と連携して進めるとともに、保護者自身が互いに協力して子育ての責任を果たせるような支援を行うこと。」
とあります。省令による基準には保護者についてこのことはうたわれていません。しかし、第3条に関連しても述べましたが、財政事情等で困難な中でぎりぎりの向上を図る姿勢をもつのであれば、このガイドラインのような保護者への支援・連携の考え方は、もっとも現実的な方策であり、不可欠なことと思います。
 このような項目をあらためて加えてください。


以上


学童保育の改善のための署名、ご協力をお願いします。  投稿者:事務局長 垣見  投稿日:2014年 3月24日(月)17時45分45秒


全国で子ども子育て会議がひらかれ、これからの子育て施策が討議されています。

この機会に、長年の懸案である、保育室の大規模狭隘化の解消と、学童保育を支える指導員の待遇改善を求めて、私たちは署名を行うことにしました。これまで半年ほどの論議で私たちの意見書をまとめ、本日新座市と子ども子育て会議に提出してきましたが、署名を子育て会議の論議の後ろ盾にしていきたいとも思います。ぜひみなさんご協力ください。

署名のお願いに対して、学童保育の会の会員さんから、疑問とお叱りの手紙をいただきました。趣旨は、大規模解消はわかるけれど、指導員の待遇改善は私たちがやることなのか、説明も足りないぞ、というものです。

お叱りはごもっともなので、ここで説明させていただきます。

学童保育にとって、指導員の安定した勤務は、子どもが安心して過ごすためにはなによりも大切に考えなければなりません。そのことはご理解いただけると思います。しかし、現在の新座の指導員の待遇は、勤続の短い方は常勤であっても年収150万円ほどであったりして、いわゆるワーキングプアというレベルだったりします。勤続10年、20年であっても、社会全体からみたら低レベルです。なので、子どもの生活を支援する今の仕事にはやりがいも持ちつつ、3年未満でやめていかざるをえない方が後をたちません。これまでの新座市学童保育の会の会議でも、いくつもの保育室の保護者から、指導員の待遇改善を訴える声があがってきています。

たしかに、指導員の待遇改善の問題の先頭にたつのは指導員自身でなければなりませんし、実際は組合が要求しているところです。しかし、保護者がともに訴えることで、よりその声は確実なものになると思います。付け加えていうならば、署名の項目にはあえて細かくどのように待遇改善をするかは言っていません。大枠として求めています。

一方、国の会議の中でも、指導員の待遇改善はおこなえという方向で論議になっていて、消費税アップとリンクしながらですが、待遇改善のための予算を計上している状況です。なので、新座市が、それらの状況を鑑みて、その国の予算を有効に使うように要求する意味もあって、今回の署名で強く訴えていきたいところなのです。

いろいろ説明不足もありますが、ぜひご理解いただき、よろしくお願いします。


「県運営基準」に基づく点検結果について  投稿者:すぎた@みつばちOB  投稿日:2014年 1月23日(木)20時50分47秒


埼玉県連協からの情報です。
1月14日付で県のHPに「県運営基準」に基づく平成25年度の点検結果が発表されました。
トップページからリンクをはりました。
また、新座市のみ抜き出したエクセルファイル(過去10年分)もアップしましたので、各保育室の状況と比較して見ていただければと思います。

以下、県連協からのメールです。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

[2014/1/16]

県庁少子政策課は1月14日、『埼玉県放課後児童クラブ運営基準』に照らした各クラブの点検結果をHP上に公開しました。
http://www.pref.saitama.lg.jp/page/houkago-tenken.html

ホームページ掲載項目
 1.放課後児童クラブ運営基準点検表集計結果
 2.全県集計表
 3.各市一覧表
 4.各町村一覧表
 5.全県集計表(総集計年度比較)
(いずれも、さいたま市と川越市は含まれていません)

この「点検」は運営基準が策定された2004年度から実施されており、実際の学童保育運営に運営基準の内容を押し広げる役割を担っています。

みなさんの市町村の結果はいかがでしょうか?
ぜひご確認いただき、不可解な点がありましたらご連絡ください。

☆また少子政策課では、この点検の際、「自然災害対応マニュアル」の整備状況についても調査しています。
 さいたま市・川越市を除く61市町村のうち、「自治体独自のマニュアル」あるいは「クラブ独自のマニュアル」の、いずれも整備していない市町村は、昨年の「23」から「10」へと減少しました。


社会保障審議会児童部会の「放課後児童クラブの基準に関する専門委員会」が、委員会としての報告書を完成・公表  投稿者:すぎた@みつばちOB  投稿日:2013年12月25日(水)19時30分13秒


県連協より以下の連絡がありました。
--------------------------------------
[2013/12/25]

社会保障審議会児童部会の
「放課後児童クラブの基準に関する専門委員会」が、委員会としての報告書を完成・公表しました。
http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000033475.html

報告書(案)を検討した第7回会合(最終回・12月11日)での議論を加味し、最終的に完成させたものです。

--------------------------------------

報告書は厚生労働省のホームページに掲載されています。
PDFファイルで全22ページあります。

副題は「〜放課後児童健全育成事業の質の確保と事業内容の向上をめざして〜」となっています。

かなりの分量がありますが、参考になります。

http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000033475.html


本日(10/20)の運動会は中止となりました。  投稿者:すぎた@みつばちOB  投稿日:2013年10月20日(日)06時27分53秒


雨天のため、残念ながら本日(10/20)の学童保育の会親子運動会は中止となりました。


「おやつはナシ」でいいの?(AERA10.21)  投稿者:すぎた@みつばちOB  投稿日:2013年10月18日(金)19時44分54秒 編集済


今週号の「AERA」(2013/10/21朝日新聞出版)に学童保育に関する記事が掲載されています。

生活の場「学童保育」の補食廃止がじわり
「おやつはナシ」でいいの?

と題して、今年の4月に急きょおやつが廃止された江戸川区の「すくすくスクール」の例や廃止されそうになったおやつを父母や区連協の頑張りで短期間で再開させた荒川区の学童クラブの例が取り上げられています。

全文ではありませんが、朝日新聞出版のニュース・情報サイトdot.に
「『おやつ廃止』で大人が大騒ぎ? その背景とは」と題して掲載されています。

下記のURLからお入りください。
http://dot.asahi.com/aera/2013101600052.html


いよいよ全国研!(全国連協→県連協からのメール)  投稿者:すぎた@みつばちOB  投稿日:2013年10月 4日(金)07時08分36秒


今度の土・日(10/5-6)は、いよいよ「全国研 in 岡山」です。
昨年の埼玉開催から早1年、ことしはどんな感動がうまれるのでしょうか。

開催を目前にした全国連協からのメールを県連協経由でいただきましたので転載いたします。

--------------------------------------

[2013/10/3]

岡山での全国研がいよいよ目前です。
(昨年の今頃は…と考えちゃいます)

以下は昨日の全国連協からのメールです。
10/1時点での参加集約状況を伝えています。



地域連絡協議会の皆さん
全国研まであと3日と迫りました。

10月1日現在の申込みで、4000人を超えました。
そして、全国学童保育研究集会史上初めてすべての都道府県からの参加申込みがありました。
開催地の岡山県連協が、47都道府県すべてからの参加をめざして呼びかけてきたこともあり、初めて実現しました。

当日直前で準備に追われている開催地・岡山県連協は、2500人を目標に参加組織もがんばっています。

岡山以外の県連協でも、一人でも多くの保護者・指導員が参加していただき、各連協の目標が達成されるよう、最後まで、呼びかけ、参加組織の取り組みをお願いいたします。

全国研に参加すれば絶対に元気になって、地域の運動を発展させていく大きな力になります。大きなエネルギーが湧いてきます!全国各地から熱い思いを持って、岡山に集いましょう!

…………………………………………………………
 全国学童保育連絡協議会
 事務局  真田 祐 (さなだ ゆたか)
…………………………………………………………

埼玉は目標300人に対して257人(85%)です。最後にもう一回り、声をかけ合ってみてください。

岡山は遠く、参加したくても簡単では無く、地域や保護者の支援があって実現できる指導員さんも多いと思います。ほいく誌と同じで学童には目に見えないけどずっと大切にしている考え方があります。保護者と一緒に、樹を育てる様に良く世話しないと元気が無くなるかと思います。全国研参加でまた元気を得たいと思います。

埼玉県連協事務局長 木村徹
************************************
☆埼玉県学童保育連絡協議会 事務局☆
************************************


「学童保育 増える利用者 運営基準の策定急務」(東京新聞7/10付)  投稿者:すぎた@みつばちOB  投稿日:2013年 7月13日(土)16時29分42秒


7月10日の「東京新聞・生活図鑑」で学童保育を取り上げています。

「増える利用者 運営基準の策定急務」と題して、施設環境(場所・広さ・運営主体・終了時間・保育料・おやつ)、学童(学年別割合)、指導員(資格・雇用形態・年収)などについて詳しく報じています。

東京新聞・TOKYO webで読むことができますので、ご案内します。
下記URLでリンクしています。
http://www.tokyo-np.co.jp/article/seikatuzukan/2013/CK2013071002000157.html


「学童保育はいま」(読売・教育ルネサンス)  投稿者:すぎた@みつばちOB  投稿日:2013年 6月28日(金)21時24分21秒


読売新聞の教育ルネサンスで「学童保育はいま」を特集・連載しています。
6月20日から今日(6/28)までに以下の5回が掲載されました。

YOMIURI ONLINE で読むことができます。
下記URLで第1回にリンクしていますので、残りはそこからだどってください。

(5)学校活用 全児童対象に (6月28日)
(4)資金難 保護者の負担重く (6月26日)
(3)指導員向け 次々民間資格 (6月22日)
(2)企業が参入 サービス競う (6月21日)
(1)「適正」超える大規模化 (6月20日)

http://www.yomiuri.co.jp/kyoiku/renai/20130613-OYT8T00351.htm


社協の特命指定  投稿者:たんぽぽ(さいたま)ながくら  投稿日:2013年 6月 5日(水)12時59分8秒


こんにちは!

右手首におしゃもじを入れてバージョンアップしたながくらですウッシッシ
骨折して手術しました。整形って口は元気な人が多いので、いろいろな方々のケガの理由を伺って、お互いに大変だったねといたわり合っています。同室の方々には、あなたはしあわせねと、言って頂きます。何故?

ケガしたことは、思いがけず人生の勉強になりました。この世界はやさしい。

指定管理の特命指定の方向が出たのですね。良かった。ひとまず安心です。
もっと良いのは指定管理ではなくなることです。

そうなったらいいな!


飯能で子ども・子育て新制度の学習会  投稿者:すぎた@みつばちOB  投稿日:2013年 5月17日(金)06時39分58秒


県連協から、お知らせが届いていますので転載します。
-------------------------------------------------

飯能市学童クラブの会では、
5/19の定期総会とセットで「新しい子ども・子育て支援制度」についての学習会を開催します。
講師には全国学童保育連絡協議会の真田祐さん(事務局次長)をむかえます。

学習会部分については他地域からの参加もOKということですので、ご案内します。

□日時:5月19日(日) 13:30〜15:30(※総会はこれ以後)
□会場:飯能市加治公民館
http://www.city.hanno.saitama.jp/0000002758.html

国の子ども・子育て会議も始まりました。
各地域、行政の動きに遅れないよう、しっかり学習していきましょう。

************************************
 埼玉県学童保育連絡協議会 事務局
☆ほいく誌6月号、全国研in岡山リーフ綴じ込み☆
************************************


県運営基準にもとづく点検結果について  投稿者:すぎた@みつばちOB  投稿日:2013年 1月11日(金)21時19分23秒 編集済


埼玉県では「放課後児童健全育成事業のさらなる質的な向上を図ることを目的として、平成16年3月に『埼玉県放課後児童クラブ運営基準』を策定」しました。
この運営基準にもとづいて、毎年市町村に対して点検調査を行い、その結果を公表しています。
先日、2012年度の点検結果が県のHPに掲載されました。「にいざのがくどう」トップページの「同基準に基づく点検結果(全市・県HP)」をクリックして県のHPをご覧ください。

あわせて、新座市の結果だけを抜き出し、エクセルファイルにまとめています。(2004年度以降9年分)
前年度と数値が変わっているところにはマーカーをつけています。
(前年度より「クラブ数」が1増えたことによる変化が主です)
ご覧いただき、それぞれの保育室の状況と比べていただければと思います。

ちなみに、「必要面積」での埼玉県内の全市と新座市の平均の比較は以下のとおりです。(( )内は前年度の数値)

児童が生活するスペースの広さ:全市平均101.50u(100.24u)  新座市87.41u(85.12u)
児童数(1クラブあたり平均):全市平均42.07人(42.3人)   新座市57.1人(60.4人)
1人当たり面積        :全市平均2.70u(3.275u?)   新座市1.56u(1.45u)

?:前年度の数値に誤りがあると思われる。2.64u程度と推測される。
※「運営基準」では「クラブ室内の児童が生活(休息・遊び・学習など)するスペースについては、児童1人につき設備部分を除いて1.65u(畳1畳分)以上の広さを確保すること」となっています。

この他、県HPにある「放課後児童クラブ運営基準点検表集計結果」をご覧いただくと、詳しい解説・分析が掲載されていますので、ぜひご覧ください。


11/18(日)学童バザー集中日!  投稿者:すぎた@みつばちOB  投稿日:2012年11月12日(月)06時43分25秒


キララのとおちゃんさん、お久しぶりです。
昨日(11/11)は、こぶしだけがバザーの日でした。
が、来週(11/18)は学童バザーの集中日!で、5カ所の保育室で同時開催されます。
みつばちでは40周年の集いも合わせて行われるそうです。

残念ながら、どこのバザーにも行くことができませんので、バザーに行った方は写真を撮っていただき、お送りいただければと思います。
よろしくお願いいたします。

12月号「学童ほいく誌」の情報ありがとうございます。
ありんこOG歯科衛生士さんの「入魂の回答」を楽しみにしています。


ごぶさたしてま〜す  投稿者:キララのとおちゃん  投稿日:2012年11月12日(月)01時59分4秒


管理人さま、いつもこつこつと的確な更新ご苦労様です。

そしてもう一ヶ月以上たってしまいましたが、18年ぶり埼玉開催の全国研にかかわった事務局長はじめにいざのがくどうの皆様ご苦労様でした。前回のドタバタを思い出しつつ、2日目のOBの会に行こうかなとちらっと思ったのですが結局行かずの、のんべんだらりん。

現役の皆さんはその後間髪入れず運動会、今はバザーの準備と大忙しの真っ最中、大変だけど楽しくがんばってくださいね。せめて来週のありんこバザーの写真は、豚さんに代わって撮りにいこうと思っています。管理人さんも来るかな?

ところで、これが本題。12月号のがくどうほいく誌の『どうしてどうして』のコーナーにありんこOG歯科衛生士さんの入魂の回答が載っています。皆さんぜひ読んでください。以上、まだまだなれないMacから初投稿でした。


10/29 NHK「あさイチ」で学童保育を取り上げます。  投稿者:すぎた@みつばちOB  投稿日:2012年10月24日(水)19時04分39秒


10月29日(月)朝8:15〜放送の「あさイチ」(有働アナやいのっちが出ているあれですね)で学童保育を取り上げます。
メインテーマは「どうする?放課後の子どもたち 〜求められる新時代の学童保育〜」というもの。

番組では「(学童保育を取り巻く様々な問題点などの)実情とともに、各地の取り組みを取材。安心して子どもを預けて働くために今、何が求められているのか考えます」とのこと。

月曜日は休み! 朝ならみられる! という方はぜひご覧ください。
番組の案内は下記のURLに掲載されています。

http://www.nhk.or.jp/asaichi/2012/10/29/01.html


もうすぐ全国研  投稿者:すぎた@みつばちOB  投稿日:2012年10月 1日(月)21時07分37秒


ながくらさん、ご無沙汰しています。
全国研に向けてがんばっているようですね。
本番まであと数日、ラストスパートですよ。

「にいざのがくどう携帯サイト」にはカウンターを設置していないので、果たして見てくれている人がいるのだろうかと思っていたところです。
これからも少しずつ更新していきますので、時々のぞいてみてください。

全国研、成功をお祈りしています。


40周年  投稿者:企画部 ながくら  投稿日:2012年10月 1日(月)15時45分40秒


管理人さん、こんにちは!


全国研in埼玉の参加証を全国に配布する為に、郵便局に来ておりますウッシッシ


数が多過ぎて郵便局の窓口機能を一部麻痺させているような…


なので、にいざのがくどうのホームページを読んでいます。


40年前の父母たちの作り運動の記録を読んで、涙が出ました。


子どもたちに豊かな放課後を、という切なる願いを、実現させるのは、やっぱり人のつながりと理解を求める努力しかないのだと思います。

今も同じだね!


管理人さんと、また一緒に学童保育の仕事がしたいです。つどいでお会いしましょうね!


ながくら


県連協「全国研ニュース40号/お誘い合って、全国研へ!」  投稿者:すぎた@みつばちOB  投稿日:2012年 9月25日(火)21時54分26秒


18年ぶりに埼玉で開催される全国研(10/6全体会・10/7分科会)。
参加の申し込みは済まされましたか?

県連協より、メール「全国研ニュース40号/お誘い合って、全国研へ!」が届きましたので転載します。

[2012/9/25]

みなさんの協力のおかげで、県内の申込みがほぼ出そろい、
粗々の集計ですが、県内の申込みは2250名になりました。

この間、参加者が増えたことで大型バスを仕立てる地域も生まれています。
18年ぶりにめぐってきた全国研の地元開催です。
何はともあれ、お誘いあってアリーナ・獨協大学へお越しください。
参加申込み、まだまだ募集中です!

☆埼玉県学童保育連絡協議会 事務局☆

******************************************
2012.10.6〜7 全国学童保育研究集会in 埼玉!
全国研HP開設!http://www.sai-gakudou.com/
******************************************


総会ありがとうございました  投稿者:垣見(事務局長)  投稿日:2012年 5月28日(月)20時44分56秒


5月26日に総会が行われました。皆さんご参加そして議案の承認ありがとうございました。

大規模・狭隘化、防災・安全、開閉室延長問題、などの課題や、全国研や40周年の取り組みなどがありますが、今年度もよろしくお願いします。

たけのこのお母さんとこぶしのお母さんなど、実感をもとに発言されていたのがとても心打たれるものでよかったです。

今年も関係各所と話をしながら、課題の解決に向かって進んでいきたいと思います。


100000カウントを超えました!  投稿者:すぎた@みつばちOB  投稿日:2012年 5月21日(月)20時50分56秒


きららのとおちゃんさん、記念すべき金環日食の日に、100000番のキリ番ゲットおめでとうございます。

ホームページ開設から13年。
一晩で10万カウント数えるHPもある中で、こつこつとよく積み上げてきたと思います。
これも、きららのとおちゃんさんのように、いつも気にしてくれる方がいるからだと感謝しています。

今年は学童保育の会が、前身の新座市学童保育連絡協議会(=市連協)結成から数えて40周年を迎えます。
私自身も新座の学童に関わってちょうど20年になります。
全国研も18年ぶりに埼玉県で開催されますし。
いろいろと区切りはいいのですが・・・。

さて、もう少しだけがんばってみますか。


あれ?100000・・・・  投稿者:きららのとおちゃん  投稿日:2012年 5月21日(月)02時33分52秒


ずーっとごぶさただったのにすいません。
夕方、娘と覗いたときは99997番「いつもこうだよね」「次の次の次の人は誰だろうね」とか言ってたんですよ。

今年始めに一番安いMacに買い替えたので、画面は小さくて老眼で超見にくい、使い方がいまだよく判らない。iTuneのバックアップに手間取って、また2時だ!早く寝なくっちゃと思いつつ、ついぽちっとしたら・・・・

文字入力が上手く行かずなので、また後日お古のパソコンからゆっくり感想、管理人さんへの激励等たっぷり書き込みたいと思います。

ともかく次の人で100000突破、これはすごいことだ!おめでとうございます!!


頻発する交通事故、厚労省が安全対策を通知  投稿者:すぎた@みつばちOB  投稿日:2012年 5月15日(火)21時06分33秒


埼玉県連協から「学童保育情報メール」が届きましたので掲出します。
タイトルは「頻発する交通事故、厚労省が安全対策を通知」


[2012/5/15]

大阪で14日の下校時、学童保育へむかう途中の子どもが交通事故により亡くなりました。

以下、全国連協からのメールを転送。

地域連絡協議会の皆さんへ

すでに新聞やテレビ等でご覧になったかと思いますが、大阪市内で昨日の午後、
学校から学童保育への集団下校途中に、車にひかれて一年生の女子が亡くなると
いうたいへん痛ましい事故が起きました。

保護者・家族の方に心からお悔やみ申し上げます。

最近、集団登下校の列に車がつっこむなどの事故により子どもたちが犠牲になっ
ています。

厚生労働省育成環境課は、本日中に、学童保育の登下校時の安全対策の徹底を図
るよう通知を出すとのことでした。

また、以下の報道のように、文部科学省は省庁連携で通学路の安全対策を検討し
ていくという会見を開いたようです。

産経新聞
通学路対策、省庁で連携を 平野文科相 事故多発で
2012.5.15 14:19

平野博文文部科学相は15日の記者会見で、通学路の安全対策について「国土交
通省や警察庁などとの打ち合わせで問題を詰め、事故防止への対応をとるよう副
大臣に指示した」と述べ、関係省庁との協議入りを急ぐ考えを示した。
平野文科相は京都府亀岡市で児童ら10人が死傷した事故などを受けて、通学路
の実態調査を指示するなど安全対策を強めている。ただ、14日にも大阪市で放
課後に集団で学童保育に向かっていた女児が乗用車にはねられ死亡するなど、児
童、生徒が巻き込まれる事故が続いている。


<事故を報道した新聞記事から>

産経新聞
小1女児はねられ死亡 学童保育に集団移動中 大阪
2012.5.14 20:51 [交通事故]

女児が車にひかれた現場=14日午後6時10分、大阪市中央区玉造(頼光和弘撮影)

14日午後3時5分ごろ、大阪市中央区玉造の市道で、歩道を歩いて学童保育に
向かっていた、近くに住む同市立玉造小学校1年、有井(ありい)千織(ちおり)
ちゃん(6)が、路地に入ろうと右折してきた乗用車にはねられた。千織ちゃん
は病院に搬送されたが間もなく死亡が確認された。別の児童3人と学童保育の女
性指導員の計4人も一緒に行動していたが、ほかにけが人はなかった。

大阪府警東署は、自動車運転過失傷害容疑で、乗用車の会社員、佐藤幸一容疑者
(65)=同市東成区東中本=を現行犯逮捕。容疑を同致死に切り替えて調べる。
佐藤容疑者は「前をよく見ていなかった」などと供述しているという。

同署などによると、現場は直線道路で、佐藤容疑者は右折して路地の奥の駐車場
に行こうとしていた。事故を目撃したという近くの女性は「車は子供たちが通り
過ぎるのを待って路地に入ったが、子供が引き返して下敷きになった」と話して
おり、同署で詳しい状況を調べている。

同小によると、千織ちゃんは同日午後2時半に授業を終え、ほかの児童とともに
校門前に集合。同50分ごろ、指導員の引率で学童保育に向かった。同小の中村
倫子(みちこ)校長は「学校が大好きな子だった。悔しい思いでいっぱいです」
と話した。

―――
☆埼玉県学童保育連絡協議会 事務局☆


定期大会へのご案内  投稿者:新座市教職員組合  投稿日:2012年 4月23日(月)09時41分30秒


子どもたちの幸せを願って日夜のご奮闘に敬意を表します。
さて、私ども新座市教組も、職場の仲間とともに多忙化にも負けずがんばっているところです。下記の通り 定期大会を開催しますのでご出席をお願いいたしたくお知らせいたします。

                   記
  2012年5月11日(金) 午後6時30分
  野火止公民館  講義室

           新座市教組 執行委員長  関根 幸子


県連協が「ほいく誌」紹介ニュースを発行!  投稿者:すぎた@みつばちOB  投稿日:2012年 4月20日(金)20時54分46秒


埼玉県連協事務局より以下のメールが入りました。
「日本の学童ほいく誌」の読みどころを紹介する『みんなでほいく誌!埼玉』を発行したとのこと。トップページからリンクをはりましたのでご覧ください。
--------------------------------------------------------

※このメールは埼玉県連協でメルアドを把握している方へ、
BCCでお届けしています。配信を希望されない場合はお申し出ください。

[2012/4/20]

埼玉県連協・同指導員連協では、
学童保育の改善・向上のために
月刊誌『日本の学童ほいく』の活用をすすめています。

今年度からその読みどころを紹介するニュース
『みんなでほいく誌!埼玉』を発行することになりました。
(4月号を添付します。現物は4/10から発送しました)

「忙しくて読めない」という声も聞こえますので、
特に指導員のみなさんには、このニュースが
ほいく誌を開く手がかりになればと考えています。

また、このニュース自体が読み応えのあるものになっていますので、
多くの方にご回覧いただけますよう、ご協力ください。

埼玉県学童保育連絡協議会
〒330-0854 さいたま市大宮区桜木町4−147−1(3F)
TEL 048-644-1571 FAX 048-644-1572

******************************************
2012.10.6〜7 全国学童保育研究集会 in 埼玉!
全国研HP開設!http://www.sai-gakudou.com/
******************************************


給与  投稿者:かみゅ  投稿日:2012年 1月15日(日)15時25分1秒


[給与は違うとおもいますよ^^

うちの子は家に一度、帰宅して自転車で友達と遊びに出かけて帰ってきたときに妙なことを言っていました。今、この掲示板をみると“あのときのこと・・・”が関係あるんじゃないかって思いますから。そのときに学校の門の前で一方的に言われて泣いていた先生は一ヶ月いないうちにお辞めになったらしく夏休みにはいらっしゃらず、何も知らない顔をして子供の言っていた先生に聞いたところ、「あの人ねぇ〜何でですかね^^」と言われたのを思いだします。

そのときに子供が言ったのは、「学校だけグダグダとやりたいことも見つけんとでたんやろ、給料多い分、菓子配れ」と言われてたそうです。